心理学同窓会について

個人情報保護方針

同志社大学心理学同窓会個人情報保護方針

 

第1条(総則)
         同志社大学心理学同窓会(以下「本会」という)における個人情報保護方針(以下「本方針」という)を以下の

    ように定める。
第2条(個人情報利用目的)
    個人情報の利用目的は、次のとおりとする。これらの目的以外で利用することはできないものとする。
    1 同窓会名簿の作成及び発行業務並びに会員での共有
    2 同志社大学心理学部からの照会に対する応答及び同大学同学部への照会業務
    3 本会からの各種連絡事項の連絡先としての利用
第3条(本会の保持する個人情報の種類)
    本会の保有する会員の個人情報は、下記の項目のうち、会員本人の同意が得られたものに限るものと

    する。
    但し、現名簿に記載されている個人情報は、本人の同意を得たものとみなす。
    1 氏名
    2 住所
    3 卒業年度もしくは在籍年度
    4 電話番号
    5 所属及びその連絡先
    6 電子メールアドレス
第4条(業務委託先)
    第2条に定める利用目的に関連して、業務委託先に会員等の個人情報を提供する場合、管理者は適格性

    を考慮し秘密保持契約等を締結したうえ、本会が求める個人情報保護を維持するように

    管理・監督するものとする。
第5条(個人情報安全管理のための措置)
    本会は、第三者より情報開示請求があった場合、法律に反しない限りにおいて開示しないものとする。

    また、万一法律に基づいて開示を余儀なくされた場合には、情報開示事由とその開示内容を本人に遅滞

    なく通知する。
    本会は、個人情報安全管理のため、管理者を置き、本会のみならず業務委託先も含めて、会員の個人情

    報の適切な取り扱いに努めるとともに、不正アクセス、紛失、改ざんまたは漏えいが生じないように適切な

    措置を講ずるよう努めるものとする。
第6条(個人情報の開示並びに訂正・修正及び利用停止等)
    会員本人から本会に対して本人の個人情報データベースの開示の申し出があった場合には、当該本人で

    あることを確認のうえ、当該本人についてのみ個人情報開示を行うものとする。
    当該本人から訂正・修正または末梢・利用停止の申し出があった場合には、本会にて保有している個人情  

    報データベース等を遅滞なく追加・変更・訂正または末梢(原則、氏名は抹消できないものとする)・利用停止

    等を行い、本会名簿の情報掲載等の際に反映させるものとする。但し、申し出があった時点ですでに名簿が

    発行済または発行前で、発行差し止め及び名簿変更に要する費用が発生する場合、名簿の回収または発

    行差し止め及び変更などの措置は行わないものとする。
第7条(個人情報保護方針の変更)
    本会は、本方針に変更が生じた場合には、遅滞なくホームページに掲載するものとする。

 

   この規約は、同志社大学心理学同窓会個人情報保護方針であることを証明する。

 

2012(平成24)年7月1日
会長 大島吉晴

心理学会同窓部会について
会合・行事について
同窓会報
会員情報登録
会費納入について
認定心理士について

大学からのお知らせ