心理学同窓会について

会則

同志社大学心理学会同窓部会会則

 

第1章【総則】
第1条(名称及び事務所)
    本会は同志社大学心理学会同窓部会と称し、事務所は同志社大学心理学部内とする。
    但し、同志社大学心理学同窓会と呼称するものとする。
第2条(目的)
    本会は会員相互の親睦を図るとともに、会員及び同志社大学心理学研究の充実発展に

    寄与することを目的とする。
第3条(事業)
    本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
    1 会員の親睦及び同窓会の開催に関すること。
    2 会員名簿及び会報の発行に関すること。
    3 心理学研究の助成に関すること。
    4 学事の奨励並びに学生の就職支援に関すること。
    5 その他、本会の目的達成のために必要なこと。
第2章【組織】
第4条(会員)
    本会は同志社大学心理学会の部会とし会員は下記の2種とする。
    1 正会員 : 同志社大学心理学部を卒業並びに同大学院同学部を卒業または修了あるいは在籍した者
    2 特別会員: 同志社大学心理学部及び同大学院同学部の現教職員及び元教職員

             または本会会長が認めた者
第5条(構成)
    正会員より卒業年ごとに理事を選出し、理事会を構成する。また、理事を含む正会員より常任理事を選出し、

    常任理事会を構成する。
    事務所には、事務局を置く。
第6条(理事及び理事会)
    理事は、正会員より卒業年ごとに、その学年の責任において原則2名を選出し、

    うち1名を代表理事とする。
    理事は、任期を定めない。理事より常任理事が選出された場合は、

    その補充として、当該学年より新たに理事を選出することができる。
    代表理事が欠けた場合は、直ちに同年理事及び同年正会員より代表理事を選出し、

    事務局を経由して常任理事会に届出をする。
    理事は会務として、同年正会員と緊密な連携を図り同会員の連絡先の把握、

    及び会費徴収・寄付行為の推進並びに総会・同窓会等の案内・連絡を行う。
    理事及び理事会は、同会員の意見を常任理事会に具申する。
第7条(常任理事及び常任理事会)
    常任理事は、理事会より選出、または常任理事より推薦され常任理事会の承認を得た正会員とし、

    原則10名以上30名まで置くことができる。
    常任理事の任期は4年とし、うるう年の5月31日までとする。但し、再選を妨げない。
    常任理事は、任期満了時に常任理事会において改選するものとし、

    また、欠員が生じたときは常任理事会で補充選出することができる。
    常任理事で構成する常任理事会は、役員の選出及び承認にあたり、連帯して本会の運営を掌る。
第3章【役員】
第8条(役員)
    本会は次の役員を置く。
    1 会長 1名        2 副会長 若干名
    3 庶務 1名        4 会計 1名
    5 会計監査役 2名   6 管理者 1名
    上記役員の役職につき、会員であることのみを資格要件とし、会計及び会計監査役であっても

    何ら他の資格を要しないものとする。
第9条(役員の選出方法)
    役員は次の方法により選定する。
    1 会長は常任理事会の決議により選任する。但し、次の総会において承認を得なければならない。
    2 会長は副会長を指名し、常任理事会は指名に基づき承認するものとする。
    3 庶務・会計・会計監査役及び管理者は、常任理事会にて選任するものとする。

      但し、会長が不信任の場合は他の者を選任する。
    4 常任理事会において他の専任役員を設置及び選任することができる。
    5 各役員は、会長・副会長及び会計監査役を除き理事(常任理事を含む)の中から

            任意に補佐役を任命することができる。
    6 役員に欠員が生じたときは、常任理事会で補充選任するものとする。
第10条(役員の職務分掌)
    役員の職務分掌は次の通りとする。
    1 会長は会務を統轄し本会を代表する。総会においては事業報告及び事業計画を提出し、

            総会議事録を作成する。
    2 副会長は会長を補佐し会長に事故があったときは、その職務を代理する。
    3 庶務は常任理事会の事務等を管轄する。
    4 会計は本会の会計を管轄し、決算書並びに予算案を作成する。
    5 会計監査役は本会の決算書類等並びに出納その他の会計事務を監査する。
    6 管理者は本会の個人情報を管轄する。但し、個人情報保護方針及び個人情報保護法に基づくものとする。
    7 その他の専任役員は、常任理事会において職務を分掌する。
第11条(役員の任期)
    役員の任期は4年とし、うるう年の5月31日または、総会までとする。但し再選を妨げない。
    1 補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。
    2 役員は任期終了後も 後任者が就任するまで職務を行う。
第4章【会議】
第12条(会議)
    会議は総会並びに常任理事会及び理事会とする。
    1 総会は原則として年1回開催し、必要に応じて臨時に開くことができる。
    2 常任理事会及び理事会は原則として毎年5月及び総会日に開会し、

            その他必要に応じて臨時に開くことができる。
    3 各会の議長は会長とする。但し、会長の指名による者が議長となることを妨げない。
第13条(招集)
    会長は総会並びに常任理事会及び理事会を招集する。

         但し、庶務が常任理事会を招集することを妨げない。
第14条(決議)
    総会並びに常任理事会及び理事会の各会の議決は出席者の過半数で決する。
第15条(総会の決議事項)
    総会の決議事項は次のとおりとする。
    1 事業計画及び予算・決算に関すること。
    2 会費並びに寄付に関すること。但し、終身会費については、

            常任理事会で決定することができる。
    3 会則の変更に関すること。
    4 会長改選に関すること。
    5 その他重要な事項。
第16条(常任理事会の審議及び議決事項)
    常任理事会の審議・議決事項は次のとおりとする。
    1 役員の選任に関すること。
    2 常任理事の選出に関すること。
    3 その他役員の設置及び選任に関すること。
    4 顧問・相談役並びに名誉職選定に関すること。
    5 本会則等の立案・改正に関すること。
    6 事業計画及び予算・決算の立案に関すること。
    7 総会を開催するいとまがない場合、総会が決議すべき事項に関すること。
    8 総会に付議する議案事項の立案に関すること。
    9 総会で委任を受けた事項に関すること。
    10 その他本会の運営のため必要な事項。
第17条(理事会の審議及び議決事項)
    理事会の審議・議決事項は次のとおりとする。
    1 常任理事の選出に関すること。
    2 常任理事会の運営等の監査を行い具申すること。
    3 総会に付議する議案に関すること。
    4 総会で委任を受けた事項に関すること。
    5 その他本会の運営のため必要な事項。
第18条(議事録)
    総会並びに常任理事会及び理事会の議事については、議事録を作成する。
    会員よりその閲覧請求があれば、遅滞なく当該会員に開示しなければならない。
第5章【会計】
第19条(会計年度)
    本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
第20条(会の運営経費)
    本会の運営費は次の収入をもって充てる。
    1 会費 (正会員のみ)
    2 寄付金
    3 その他の収入
第21条(会費)
    本会の会費については次のとおりとする。
    1 終身会費は15,000円(2008年卒以降のWEB会員は12,000円)とする。

            但し、卒業前の会費払い込(徴収)の場合は、学生割引とし10,000円とする
    2 終身会費を払わない場合は、年会費1,500円とする。
    3 終身会費の改定は、常任理事会で決定する。
    4 終身会費以外で、必要に応じて会費を徴収することができる。
第6章【雑則】
第22条(付則)
    この規約に定めのない事項及び必要な事項は常任理事会で決することができる。
    但し、次の総会に報告または付議しなければならない。
第23条(特別事項)
    終身会費の徴収については、2013年度入学生から同志社大学に委任して行う。
    

本会則は1995(平成7)年4月1日施行。
本会則は2012(平成24)年3月10日に改正し同年4月1日より施行。
本会則は2012(平成24)年6月16日に改正し同年7月1日より施行。
本会則は2012(平成24)年8月26日に改正し翌2013年4月1日より施行。

    この会則は、同志社大学心理学同窓会会則であることを証明する。

2012(平成24)年8月26日
会長 大島吉晴

心理学会同窓部会について
会合・行事について
同窓会報
会員情報登録
会費納入について
認定心理士について

大学からのお知らせ